本と犬

洋書とオーディオブックについて語るブログ。最近は怪奇小説が多め。

ロボット、自然に帰る The Wild Robot

The Wild Robot

The Wild Robot Escapes

作品データ

著者:Peter Brown
日本語版:『野生のロボット』(第1作)
ジャンル:児童書

Audible:

www.audible.com


著者サイト:

www.peterbrownstudio.com

概要

 無人島に流れ着いたロボットが、生存本能を「発動」して、厳しい自然のなか生き抜くために「野生のロボット」へと成長していくという、とても風変わりで、とても心温まるお話。ロボットのロズは、ひょんなことで親を失った赤ちゃんガンのママになることに。それをきっかけに、ロズを警戒していた島の野生動物たちも心を開き、互いに助けあうようになる。そうして仲良く楽しく暮らしていたロズたちだったが、ある日、不思議な形の飛行船が島に現れる。人間の命を受けたロボットたちが、ロズを「回収」しにやって来たのだ……。
 第2作"The Wild Robot Escapes"では、人間のために働くという、ロボット本来の役割をこなしつつ、息子や仲間の動物たちが待つ島に帰るために奮闘するロズの物語が描かれている。果たしてロズは、願い通り「自然に帰る」ことはできるのか?

感想

 ロズと動物たちはお互いを認めあい、一緒に生きる道を選ぶ。まさに、テクノロジーと自然が融合し、共生する風景ですね。第2作の"The Wild Robot Escapes"で語られるのは、自然から引き離されたロズと、人間やほかのロボットとのかかわり。ロズは持ち前の「学習能力」と「適応力」で、新しい環境でもうまくやっていくのですが、それは本当の自分ではないと、はっきり気づくロズ。自分らしく生きるには、そんなテーマも、この作品には隠されているように思います。
 ロボットのロズがなんとも魅力的なキャラクターで、ほんわかした挿絵にも癒されます。オーディオブック版は、テーマソングや効果音も楽しく、子どもならわくわくすること間違いなし。といっても、子どもだけでなく、大人が読んでも楽しめて、そして考えさせられる、すぐれた児童書です。

 翻訳書はこちら。

 

『野生のロボット』
ピーター・ブラウン:著 前沢明枝:訳

 

f:id:book_dog:20200107122629j:plain

 (野生のガチョウ??)