本と犬

洋書とオーディオブックについて語るブログ。最近は怪奇小説が多め。

雪に閉じこめられた犬と子どもの、じんわり心が温まる物語 The Poet's Dog

The Poet's Dog

 

作品データ

著者:Patricia MacLachlan
日本語版:『テディが宝石を見つけるまで』
ジャンル:児童書
登場する犬:アイリッシュ・ウルフハウンド

Audible:

www.audible.com


出版社の著者紹介サイト:

www.harpercollins.com

概要

 吹雪にあい、迷子になってしまった少年ニッケルと、その妹のフローラ。そんなふたりを助けてくれたのが、人間の言葉を話す大きな犬、テディだった。テディは、ふたりを森の一軒家へと案内する。その家で、テディはひとりで暮らしているのだという。雪に閉ざされた家の中で、助けが来るまでをのりきろうと、ふたりと一匹は力をあわせ、心も通わせていく――。

感想

 なぜテディは人間の言葉を話せるのか。テディの飼い主は詩人というのですが、どうしていまはひとりぼっちなのか。少しずつ語られるテディの過去は、あたたかくも、悲しい物語でした。

   原書で100ページほどの短いお話ですが、言葉づかいがとても美しく、心にしみじみと響いてきます。犬とまだ幼い兄妹が、身を寄せあい、厳しい状況のなかでもユーモアを忘れずにすごす姿にじーんときました。テディという犬の言葉で語られるストーリーは、大人や人間が語り手の作品にはない、不思議な魅力があります(犬好きなら、ますます)。物語のなかでは、テディの言葉は「詩人」と「子ども」にしかわからない、とあるのですが、子どもは誰もが詩人で、子どもの心を持っているのが詩人。ふと、そんなことが頭に浮かびました。

 こちらが、翻訳書。

『テディが宝石を見つけるまで』
パトリシア・マクラクラン:著 こだまともこ:訳

 タイトルの「宝石(Jewel)」という言葉には、実はテディ自身も知らなかったような、大きな意味が隠されています。それがわかったときは、涙がこぼれそうになりました。
 翻訳もすばらしかったです。児童文学の翻訳は、言葉のチョイスが(大人向けの作品以上に)難しいと思うので、またじっくり日英読み比べてみたい。

  テディは「アイリッシュ・ウルフハウンド」という犬種。体高が100センチ近くもある、ひじょうに大きな犬です。でも性格は穏やかで、家庭でもじゅうぶん飼える犬だそうです(運動量や食事の量を考えると、そう簡単に飼えないでしょうけど)。大きな犬は大好きで、なかでもアイリッシュ・ウルフハウンドはあこがれの犬。日本ではほとんど飼われていないようですが、どこかで会えないものか……。

f:id:book_dog:20190926135127j:plain

(もちろん、左がアイリッシュ・ウルフハウンド。同じ犬とは思えない大きさ!)