本と犬

洋書とオーディオブックについて語るブログ。最近は怪奇小説が多め。

悪がうごめくイギリスの湿地帯 Their Lost Daughters

Their Lost Daughters

作品データ

著者:Joy Ellis
日本語版:なし
ジャンル:ミステリー、サスペンス
シリーズ:D I Jackman & D S Evans シリーズ(第2作)
舞台:イギリス
主人公の職業:フェンランド警察 犯罪捜査課

Audible:

www.audible.com


著者のサイト:

www.joyellis.info

概要

  イングランド東部リンカンシャーの人気のない湿地で、意識朦朧となった少女が保護され、少し離れた海岸では別の少女の遺体が見つかる。この地域では、10年前にも少女が行方不明になるという事件が起きていた。Jackman警部補率いる犯罪捜査課が捜査を進めるうちに、背後に少女をターゲットにした違法パーティーの存在が浮かびあがってくる。Jackmanたち捜査官はおとり捜査なども試みるが、なかなかパーティーの首謀者を特定することができない。保護された少女の話では、ほかにも「連れていかれた」少女がいるという。その少女はどこにいるのか? 生きているのか? 焦るJackmanたちを待ち受けていたのは、目を疑うようなおぞましい光景と、暗い欲望、そして悲しい過去だった……。

感想

 イギリスの湿地帯が舞台の、ダークなクライム・サスペンス。一気読み&聴きしてしまいました。Audible版のナレーター、俳優のRichard Armitageの声がとにかく渋くて、聞きほれてしまいます(ひとりですべてのキャラクターを演じています。少女の声も)。ほかにもいろんなAudible作品のナレーションを担当していて、どれも聴いてみたくなりました。


'Their Lost Daughters' audiobook trailer | Performed by Richard Armitage

  作品自体は、星4.5はつけたいくらい秀逸なサスペンスでした。主人公Jackmanと、Evans巡査部長をはじめとする部下の刑事たちのキャラクターもしっかりしていて、このままドラマ化できそうな感じです(もちろん、JackmanはRichard Armitageに演じてほしいのですが、年齢が合わないかも……)。内容はかなりダークで、サイコ・サスペンス寄り。凄惨な場面描写はあまりないのですが、Evilという言葉がしっくりくるような、人間の心の闇や邪悪さがテーマになっています。ラストもそうきたか、という意外性があって(まさかこの人たちがそういう関係だったとは…という、けっこう力業?なもっていき方)、完成度の高い作品でした。

 著者のJoy Ellisは、この作品ではじめて知った作家なのですが、直接会って話をしたRichard Armitageいわく「アガサ・クリスティを彷彿とさせる、物静かでシャイな老婦人で、こんなダークなストーリーを想像したとは思えない」(Audibleのインタビューより)ような方だとか(あ、でも、アガサ・クリスティみたいな人なら、ダークな話を書いても不思議ではないですね)。Jackman&Evansシリーズは第4作まで出ていて、今後フォローが楽しみなシリーズです。

  読んで(聴いて)いて苦労したのは、イギリスのスラング。アメリカの刑事ミステリーなどではなじみのない表現が多くて、かなり戸惑いました。「Wilco(will comply = yes)」とか、いろんな略語とか。最後まで読んで気づいたのですが、巻の最後に「(アメリカの読者向け)用語集」がついてました! この作品だけじゃなく、イギリスもののサスペンスやミステリーを読むときに、とても参考になりそうです。

 

f:id:book_dog:20200110095507j:plain

(イギリスの湿地帯って、どんな感じなんでしょうか)