本と犬

洋書とオーディオブックについて語るブログ。最近は怪奇小説が多め。

羽泥棒 The Feather Thief

The Feather Thief

 

作品データ

著者: Kirk Wallace Johnson
日本語版:『大英自然史博物館 珍鳥標本盗難事件』
ジャンル:ノンフィクション(トゥルー・クライム)
舞台:イギリス、アメリカ

Audible:

www.audible.com


著者のサイト:

kirkwjohnson.com

概要

 エドウィン・リストという将来有望なアメリカ人の若きフルート奏者が、子どものころから趣味でやっていたフライタイヤー(フライフィッシング用のルアー)作りに取りつかれて、信じられない行動に出る。アーティスティックなフライタイヤーを作るため、美しい鳥の羽をどうしても手に入れたいと、ロンドンの大英自然史博物館に侵入し、貴重なコレクション――300羽近くもの、大量の剥製――を盗み出したのだ。この事件を知った著者が、熱心な調査をもとにまとめた、事実は小説より奇なり、のノンフィクション。

 感想

 盗んだのが博物館の所蔵品ですから、当然、歴史的・科学的価値があります。本書では、コレクションがいかにして集められたかを明らかにするため、鳥の羽がいかに人々を魅了してきたか、文化や歴史、博物学者やコレクターの生涯といった「鳥の羽」にまつわるエピソードも紹介されています。極楽鳥(フウチョウ)やカザリドリなど、南国の美しい鳥の羽は、古くは女性用の帽子飾りとして、ヨーロッパで熱狂的な人気があったそうです。高値で取引されるため、危険を冒してでも標本を採りにジャングルへと旅立つ冒険家も多く、乱獲のせいで、絶滅の危機に瀕した鳥も……。

 著者はふとしたきっかけで事件のことを知り、それこそ取りつかれたように何年も調査と取材を続け、ついにはリスト本人にインタビューするところまでこぎつけます。犯行の様子や犯行後の行動、後日談など、リストの視点で臨場感たっぷりに描かれているのも、著者がリスト本人と直接(何時間も)話をしたからこそ。警察の捜査や博物館員の思い、フライタイヤ―界の反応などもサイトストーリー的に盛り込みつつ、事件はその後、意外な結末を迎えるのですが……と、クライム・ノベルを読んでいるようなドキドキ感もありました。読み物としてもじゅうぶん楽しめる一冊です。

 翻訳書はこちら。表紙が美しい……(一瞬、タイトルをどう読むか悩みました)

『大映自然史博物館 珍鳥標本盗難事件』
カーク・ウォレス・ジョンソン:著 矢野 真千子:訳

 この事件を取りあげた、ナショナルジオグラフィックの記事がありました。
natgeo.nikkeibp.co.jp

 

www.nationalgeographic.com

 鳥の名前や学名など、専門用語もたくさん出てくるので苦労しますが、オーディオブック併用で読みきりました。なじみのない単語も、発音を聞くととっつきやすくなりますね。

f:id:book_dog:20191105151641j:plain

(フライタイヤ―には、こういうきれいな鳥の羽を使うんでしょうか?)