本と犬

洋書とオーディオブックについて語るブログ。最近は怪奇小説が多め。

天使からのメッセージ Faithful

Faithful

作品データ

著者:Alice Hoffman
日本語版:なし
ジャンル:フィクション ヤングアダルト
舞台:アメリカ 東海岸


Audible:

www.audible.com


著者のサイト:

alicehoffman.com

概要

 シェルビーは、ロングアイランドに住む女子高生。ある冬の日、運転中に車がスリップし、自身は一命はとりとめたものの、助手席に乗っていた親友のヘレネは昏睡状態となってしまう。シェルビーは罪悪感にさいなまれ、心に深い傷を負う。
 事故のとき、シェルビーは「天使」の姿を見る。自分は、天使に助けられた。でもどうして、ヘレンを助けてくれなかったのか。そんなシェルビーの心の叫びに答えるように、シェルビーのもとに、天使からメッセージが届くようになる。差出人不明の絵葉書が、一枚、また一枚と舞い込むのだ。書かれているのは、いつも一言だけ。「気持ちを声に出すんだ(Say something)」というような。

 シェルビーは、思い切って家を出て、大都会のペットショップで働きはじめる。シェルビーに人間らしい、温かい感情をよみがえらせたのは、犬であり、出会った人々だった。そして、絵葉書のメッセージに導かれるように、シェルビーは前へと進んでいく……。 

感想

 人生のどん底にいたシェルビーが、前を向いて生きていけるようになるまでを描いた物語です。「犬」をキーワードに検索していて、ヒットした作品。シェルビーが犬や猫を助ける場面が何度か出てくるのですが、助け方はちょっと(というかかなり)強引。助けた犬の世話をし、命に責任を持つということが、シェルビーを立ち直らせるきっかけになったのでしょうね。 

 「奇跡」「天使」といったスピリチュアルな要素もありますが、あくまで、シェルビーというひとりの少女の再生と成長がテーマです。ヤング・アダルトのカテゴリーに入れてもよさそう。文体も平易で読みやすく、ストーリーはこびも安定しているので、少し長めの洋書にチャレンジしたい、一冊読み切ってみたい、という人にもおすすめできる作品です(読むのがつらくなる描写も出てきますが)。

 著者のAlice Hoffmanはベストセラー作家で、かつては翻訳もたくさん出ていたようです。映画の原作にもなっている作品も多いので、気になります。

 

f:id:book_dog:20200107112649j:plain

(天使。お昼寝中?)